毛穴の開きをレーザーで治すのは痛いし高いのでおすすめしません

毛穴の開きをレーザーで治すのは痛いし高いのでおすすめしません

 

毛穴の開きをレーザーで治すのは痛いし高いのでおすすめしません

綺麗なお肌でいたいと願うのは、いつの時代も女性なら同じことを思います。

 

今は色々な方法でお肌の気になるコンプレックスを改善する方法が出ていますが、気になる毛穴を目立たくするために、色々なケアを行ってみても、

 

それでも上手くいかず、レーザー治療を行う方も増えています。確かに、ぽつぽつとした黒ずみが目立っていると、気になってしまいます。

 

しかし、レーザー治療を行ったからといって、必ずしも綺麗になるということもなく、また一生綺麗な状態を保てるという訳でもありません。本来、毛穴というのは、体の余計な熱などを体の外へ逃がす大切な役割を持っています。

 

また、毛穴から出される皮脂は薄い皮膚に膜を張り、お肌を外部の刺激から守ってくれる役割があります。気になるからといって、むやみやたらレーザーなどの刺激を肌に与え続けてしまうと、お肌本来の自然治癒力がなくなり、お肌は自然に皮脂を出せなくなります。

 

皮脂がでなくなるということは、皮膚を守ってくれるものがなくなってしまい、目立った毛穴をケアできたとしても、今度は乾燥やニキビ、しみやそばかす、しわなどの別のトラブルを招きます。また、熱がこもりやすくなり、のぼせや赤ら顔の原因になります。

 

それでも気になると言ってレーザー治療で治すとしても、お金はかかるし、痛みを伴います。お肌が弱い方だと、レーザー治療を行ったことで、肌荒れが起きてしまうこともあります。一時は気にならなくなるかもしれませんが、健康的で綺麗なお肌を保つには、根本的な解決と普段の正しいケアが大切です。

 

汚れをとる為に、目立っているところをゴシゴシと力を入れて洗顔してしまうと、必要な皮脂を奪ってしまい、皮膚は守ろうとして更に皮脂を分泌します。そこでまた気になるからといってゴシゴシと洗顔してしまうと、過剰に皮脂が分泌されてしまい、場合によっては更に汚れる原因になります。

 

汚れをとるときは、あまり力を入れずに優しくなでるように洗います。汚れをとった後はしっかりと保湿し、お肌に潤いバリアーを被せます。お肌にあまり強すぎない刺激を与え、しっかりと守ってあげることでお肌は綺麗な状態を保つことが出来ます。

 

レーザー治療を行わなくても、お肌を綺麗に保つ為にも日ごろから自分のお肌を大事に労わりケアして上げることでずっと綺麗を保てます。健やかなお肌は、化粧乗りもよくなってお肌だけでなく気持ちまでポジティブにしてくれて毎日を生き生きと過ごせます。

 

 

毛穴の開きをレーザーで治す方法

 

毛穴の開きをレーザーで治す方法

毛穴に対して悩みを持っている人は多いです。特に開いているのが気になる人は多く、皮脂分泌量が多く、皮脂の出口であるため閉じることができずに目立ってしまっており悩みになっている人は多いと考えられます。

 

そんな毛穴の開きに対して効果的な治療がレーザー治療です。レーザーの特徴を使った治療方法で、毛穴の引き締めなどの効果が期待することができます。

 

しかし、レーザー治療といっても様々な種類のレーザーがあり、治療期間や効果、治療費などは異なってきます。フラクショナルCo2レーザーは、肌の表面に小さな穴を開けて治そうとする自然治癒力を利用して古い肌を新しい肌に生まれ変わらせます。

 

引き締め効果などが期待できますが、効果を実感するには5?6回、施術するまでの感覚は4週間ほど開ける必要があるため治療期間は半年ほどです。治療費の相場は一回の治療で2?3万円程度になります。

 

カーボンピーリングは超微粒子のカーボンクリームを気になる部分に塗って、カーボン粒子の黒い色にレーザーを反応させる治療方法です。カーボン粒子がレーザーによって蒸発し、蒸発するのと同時に余分な古い角質や角栓が除去できます。

 

レーザーの熱によってコラーゲンの生成を活性化することもできます。これは一回でもかなりの効果が実感することができますが、毛穴の引き締めを実感するためには3?5回程度施術を行う必要があります。2?3週間に一回の施術が一般的で治療期間は2?4ヶ月、一回の治療費は2万円程度が相場です。

 

サーマクールは、レーザーよりも強いラジオ波と呼ばれるものの熱エネルギーを利用して、肌表面にはダメージを与えずに肌の奥深くを火傷させる方法です。熱でコラーゲンの生成を活発化させて肌のハリを出し、毛穴の引き締めを行います。

 

基本的には一回の治療で効果を期待できます。コラーゲン生成の活性化は施術後半年程度まで続き、徐々に肌の弾力が出てくるため治療して2?3ヶ月で効果が現れるとされています。治療費は一回9万円ほどが相場とされています。

 

レーザー治療は、肌の奥深くを刺激して治療する方法のため、肌を根本的に改善していくため高い効果を期待することができます。また、種類によっては肌の内側を刺激してコラーゲンを生成するため肌全体がなめらかになったり、ハリや弾力をアップすることにもつながります。

 

肌のターンオーバーを促すこともできるため、古くなった肌を除去して新しい肌を作ることを促すため、アンチエイジングや美肌効果も高いと考えられます。

 

毛穴開きをレーザーで治す場合の費用料金

 

毛穴開きをレーザーで治す場合の費用料金

毛穴は10代の頃にはあまり気にならないものなのですが、年齢を重ねるごとに気になるようになってしまいます。

 

なぜ年齢を重ねるごとに気になってしまうのか知りたいという人もいるでしょう。健康な肌は角質層が保湿などをしてくれるのですが、加齢によって角質層がセラミド不足になると肌が乾燥しやすくなります。

 

それによってターンオーバーが乱れてしまいますし、肌荒れなどといったトラブルが起きてしまうのです。そして傷ついた角質層は表面が凸凹してしまうため、毛穴を引き締めることができなくなります。

 

20代から少しずつ始まる肌の老化を放置していた場合、30代になると肌がかなり気になる状態になってしまうのです。肌トラブルはセラミドやコラーゲンの不足が主な原因であり、乾燥すると皮脂が過剰に分泌されてしまうため、ニキビなどができやすくなります。

 

コラーゲンは肌を綺麗に保つ成分なのですが、20代を過ぎると少しずつ減少してしまいます。肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまうため、肌のトラブルが発生してしまうということです。毛穴の開きを改善するために自宅でケアを行っているという人も多いでしょう。

 

しかし、間違ったケアを行うと逆に肌の状態が悪化してしまうこともあるのです。パックや角栓シート、ピーリングなどは簡単にできるケア方法なのですが、毛穴を開いて角栓を取り出す方法の場合、しっかり引き締めないと開いたままの状態となってしまいます。

 

なかなか引き締めることができませんし、一度冷やした程度ですぐに閉じることはありません。20代を過ぎると肌の悩みがどんどん増えてしまうのですが、毛穴の開きには間違ったケアや水分不足、コラーゲン不足が原因となります。

 

もちろん30代になって肌が気になるようになってからケアを行っても良いでしょう。しかし、既に気になって仕方がないという場合、美容皮膚科やクリニックなどで治療を受けるのがおすすめです。美容皮膚科やクリニックではケミカルピーリングやレーザー治療を行っており、肌の状態に合わせた治療を行ってくれます。そのため効率よく綺麗な肌を手に入れることができるでしょう。

 

レーザーによる治療自体はさまざまな医療機関で行っています。しかし、医療機関によって費用はもちろん、施術方法が異なっていることがありますし、使用しているマシンが異なっていることもあります。また、ドクターの技術力も大切なポイントであり、信頼できる美容皮膚科やクリニックを選ぶようにしましょう。

 

 

毛穴開きをレーザーで治す危険性

 

毛穴開きをレーザーで治す危険性

毛穴の開きで悩んでおり、さまざまな治療方法を試したことのある人もいるでしょう。最近ではレーザーフェイシャルという治療が人気となっています。

 

レーザーフェイシャルとは顔に特殊なレーザーを照射するという治療のことであり、肌のシミやくすみを目立たなくすることができます。

 

レーザーによって肌にハリを戻すことができますし、毛穴の開きも改善することができるのです。この治療では低出力のレーザーを顔に照射することになりますが、照射前に肌をしっかりと冷やすので肌への負担はほとんどありません。

 

レーザーは肌の奥にある真皮まで到達してコラーゲンの生成を促してくれますし、それによってさまざまな効果が得られるのです。レーザーと聞くと危険性があるのではないかと考えている人もいるかもしれませんが、レーザーフェイシャルは安全性の高い治療となっています。

 

レーザーフェイシャルでは肌への負担を抑えるために冷却ガスを吹き付けることになりますし、レーザーから目を守るためにアイマスクを着用することになります。顔全体に照射する場合は30分程度となりますが、部分的な治療の場合は10分程度で完了します。

 

レーザーはメラニン細胞だけを刺激することができるため、1ヶ月程度でシミやくすみが改善していきます。レーザーフェイシャルは効果の高い治療なのですが、妊娠中の人や光アレルギーの人、重度の持病のある人などは施術を受けることができません。

 

また、日焼けをしている場合も火傷の危険性があるため、施術を受けられないことがあります。施術前にはカウンセリングを受けることになるため、その時に医療機関のドクターとしっかり相談すると良いでしょう。

 

レーザーフェイシャルはレーザーを照射することで肌を生まれ変わらせるという治療です。効果については個人差もありますが、生まれつきのシミやほくろなども除去することができるため、その効果が注目されています。

 

レーザーフェイシャルで照射されたレーザーは肌の新陳代謝を回復させる効果がありますし、コラーゲンの生成を促す効果もあります。コラーゲンが増えると肌にハリが戻りますし、しわが目立たなくなるのです。

 

肌本来のサイクルを取り戻すことで皮脂の分泌も抑えられますし、ニキビや毛穴の開きを改善する効果も期待できます。レーザーには脱毛効果もあるため、毛が無くなることで毛穴を引き締めることに繋がるでしょう。さらに、毛細血管拡張症を改善して赤ら顔の改善にも効果的です。

 

 

毛穴開きをレーザーで治す時の痛み

 

毛穴開きをレーザーで治す時の痛み

ニキビ跡を効率よく治したいという場合、レーザー治療を受けると良いでしょう。

 

レーザーといってもさまざまな種類があるため、それぞれの特徴をしっかり知っておくことが大切です。肌トラブルを解消するためには肌を若返らせる必要があります。

 

ピーリングなどの方法もありますが、これは皮膚の表面にしか効果が出ないということです。また、レーザー以外の治療だと肌が再生するまでに時間がかかってしまうことがありますし、副作用が出てしまうこともあります。

 

レーザー治療なら肌へのダメージを最小限に抑えることができますし、痛みも少なくて済むということです。顔全体にレーザーを照射することもできますが、気になる部分だけにレーザーを照射することもできます。

 

レーザーで肌を傷つけると肌の再生を促すことができます。肌にはもともと再生能力があるため、傷跡やニキビ跡などを目立たなくすることができるでしょう。ちなみに、1回だけでは全ての肌を再生させることはできないため、何度か治療を受ける必要があります。

 

皮膚科やクリニックでレーザー治療を受けることにより、肌の引き締めや毛穴の開きを改善する効果、たるみの解消効果、ニキビの改善などに効果が期待できます。レーザーの種類によっても変わりますが、ある程度の痛みを感じることがあります。

 

痛みが不安な場合は麻酔を使ってもらうと良いでしょう。麻酔を使うことで我慢できる程度ですし、少しずつ効果を実感できるとされています。レーザー治療を受けた後はしっかりと冷やしてくれるクリニックを選ぶのがおすすめです。

 

クリニックによっては成長因子を導入したり軟膏を処方することもあります。レーザー治療を受けた後は肌に穴が開いている状態ですし、成長因子の成分が効率よく肌に導入できるということです。レーザー治療を受けたいけれど、どのくらい効果が持続するのか気になっているという人もいるかもしれません。

 

確かに治療を受けた後は毛穴が小さくなりますが、2週間程度で元に戻ってしまうことがあります。なぜ治療を受けてすぐ効果が出たように見えるのか気になるかもしれません。治療を受けた後はレーザーの熱のエネルギーによって皮膚が腫れており、毛穴の凹みが小さく見えるということです。

 

また、凹みが気になるからといって強力なレーザーを照射した場合、色素沈着などのリスクがあるので注意しましょう。毛穴の開きを治療するためにレーザー治療を受けたいなら信頼できるクリニックを探すことが大切です。

 

 

 

>>毛穴開きをレーザーで治した体験<<