オロナインを使った毛穴パック方法で大変な事に?やめましょう!

オロナインを使った毛穴パック方法

 

オロナインを使った毛穴パック方法

オロナインとは、大塚製薬の皮膚用の軟膏です。主成分は「クロルヘキシジングルコン酸塩液」という成分で、この成分には患部を殺菌する働きがあります。

 

他にも皮膚を保護する働きのある「マクロゴール」や肌を引き締める作用のある成分に、保湿成分などが含まれています。

 

効果効能としては、軽い火傷、ニキビ、吹き出物、しもやけ、あかぎれ、傷などに良いとされています。簡単にいうと殺菌作用と保湿力、皮膚を保護する働きがあります。

 

このような働きから近年では怪我や皮膚の疾患に対しての治療だけではなく、美容にも効果的なことがわかっています。オロナインは、普通に塗るだけでも皮脂汚れを落とす効果などが期待できます。その効果を利用したのが毛穴パックです。

 

効果が高く、痛みが少ないことから毛穴の汚れが気になる人などに人気になっています。パックの方法は簡単で、いつものように洗顔をして汚れを落としていきます。綺麗になった肌にオロナインを厚さ1ミリ程度、鼻が白くなるぐらいにたっぷり塗っていきます。

 

そのままたっぷり塗った状態で10?15分放置します。10?15分経ったら、ぬるま湯で洗い流していきます。水だとオロナインをしっかり洗い流せないためぬるめのお湯で洗うことによってしっかり洗い流すことができます。必要な皮脂を洗い流さない37度くらいが目安です。

 

洗い終わったら普通に毛穴パックにするだけで完了です。これだけで鼻の角栓がごっそり取ることができます。パックし終わった後は、必ず化粧水や乳液を使って保水し、冷水などで引き締めます。角栓を取った後は毛穴が開いている状態のため、放っておくと黒ずみの原因になったり角栓ができてしまいます。

 

パックが面倒な場合には、鼻にオロナインを塗ってラップをかぶせて入浴するだけでも綺麗になります。肌にダメージを与えたくない人にはこちらの方がオススメです。角栓を綺麗を撮りたい場合にはパックを使った方が効果的です。

 

やるときの注意としては、多くても週に1回程度が最適です。やりすぎると肌荒れなどの肌トラブルにつながってしまいます。鼻にティッシュを詰めて鼻の形を固定することでより高い効果を得られます。普通にやってもあまり効果がない人は試してみることも良いとされています。

 

また、濡らしたタオルをレンジで40秒ほど温め蒸しタオルを作ったら、顔に30秒ほど乗せて毛穴を開かせた後に行うこともより効果を高めるためオススメです。

 

 

オロナインを使った毛穴パック方法をおすすめしない理由

 

オロナインを使った毛穴パック方法をおすすめしない理由

オロナインを使った毛穴パック「オロナインパック」が話題となっています。方法は、洗顔後にオロナインを鼻全体にたっぷり塗って10分程度放置します。

 

そしてぬるま湯で洗い流してから説明書通りに市販の鼻パックをします。その後は、通常の通り化粧水などでケアをします。

 

つまり、市販の鼻パックの前にオロナインを塗るだけで角栓がよく取れるということです。しかしオロナインは元々、傷やニキビ、火傷ある場所に塗るもので、抗菌作用と殺菌作用のあるクロルヘキシジングルコン酸塩液という成分が含まれています。

 

いろいろな症状に使えますが、正常な肌に塗るものではありません。間違った使い方をすることは、肌にトラブルを引き起こす原因となります。まず、黒ずみの原因ですが、黒ずみは肌の乾燥によって起こります。

 

肌が乾燥し弾力がなくなることで毛穴が開いた状態のままになります。そこに過剰分泌した皮脂が溜まり、酸化し黒くなることで、黒ずみになります。黒ずみ対策は乾燥させないということです。しかし、オロナインパックは肌の乾燥を促進します。

 

その理由はオロナインを塗ると角栓だけではなく皮脂や薄い皮膚まで一緒に取れてしまうからです。そのため、肌が乾燥し、さらに皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

 

毛穴は乾燥により開くものなので、オロナインパックをすることで肌が乾燥し開いたままの状態になり、またそこに過剰分泌された皮脂が溜まり黒ずみが出来ます。オロナインパックをした時は効果を感じられますが、長い目で見ると黒ずみが酷くなるということです。

 

また、オロナインパックと市販のパックを一緒に使うことで、通常以上に効果が出ることで注目を集めていますが、効果が高い分、肌への負担も大きくなります。繰り返すことで炎症やかぶれを引き起こす場合もあります。何度も繰り返し行っているうちに、鼻の皮膚が薄くなり赤鼻になる可能性も否定できません。

 

そして、角栓を完璧に取ってしまうと急激に毛穴が広がり、そこに雑菌などが入りこんでしまうこともあります。そのため、ニキビの原因にもなります。また、ニキビだけでなく雑菌による痒みが出る場合もあります。

 

オロナインパックをした後に、しっかりと冷水で毛穴を引き締め、化粧水などで保湿することで少しは肌のトラブルを抑えることはできるかもしれませんが、肌に危険性を伴うものなので健康な肌の方もそうですが、特に敏感肌や乾燥肌の方にはお勧めできません。

 

 

オロナインとは?

 

オロナインとは?

普段肌を美しく保つためにも毎日しっかり洗顔で顔の汚れを落とし、スキンケアで潤いを与えるなどお手入れをきちんと行っている女性が大半だとされていますが、

 

毎日しっかりスキンケアをしていたとしても肌表面に古い角質が残ってしまったり、毛穴に汚れが詰まりやすくなってしまうと肌のくすみや毛穴の黒ずみの原因となってしまう恐れがあります。

 

特に毛穴の汚れが進行すると、詰まっている皮脂が酸化して固まり角栓の状態になります。この角栓はどんどん肌のたるみを引き起こす危険がありますし、何より肌の黒ずみを創りだしてしまったり雑菌が入り込むことでニキビの症状が出てしまう恐れもあるので、角栓になるまでにしっかり詰まった皮脂汚れを除去しておく必要があるのです。

 

そこで古い角質や皮脂を綺麗に除去する方法として人気になっているのが顔に使用するシートタイプのパックです。このパックには肌の角質や角栓を接着面がキャッチしてくれるので、優しく剥がすだけで汚れを綺麗に落とすことができます。

 

詰まりやすい皮脂汚れなども綺麗に除去できるので小鼻周りの黒ずみに悩んでいる方に特に人気がありますが、シートタイプのパックは素早く剥がしてしまうと汚れが取りきれなかったり、高い頻度で使用してしまうと肌の新しい皮膚にもダメージを与えてしまうので、肌の弱い方や乾燥肌の方はできるだけ時間をおいて利用する必要が出てくるのです。

 

そこでシートパックで皮脂汚れや角栓を一度で綺麗に取り除く方法として、パックを利用する前にオロナインを使用する方が増えてきています。本来オロナイン軟膏は傷や火傷などの症状を抑える軟膏薬で使用されていますが、オロナイン軟膏に添加物として入っているオリブ油が、植物性オイル効果によって毛穴の角栓を取り除いてくれる役割もあるのです。

 

もともと肌に直接利用できる薬なので安心して利用することができますし、比較的どの家庭でも常備薬として置いている場合が多いので、気軽に利用できるのも大きなメリットになっています。オロナインをたっぷり鼻に塗り、少し時間を置いてからぬるま湯でしっかり塗った軟膏を落とし、その上からシートパックを貼り付けます。

 

そうするとオロナインを使用しない場合に比べてパックを剥がした際に取れる角栓の量がぐっと増えて一度で綺麗な状態に仕上げることができるのです。ただこのお手入れを行った後は毛穴が開いてしまっている状態なので、きちんと化粧水や乳液で肌を引き締めるスキンケアを行うことも必要になります。

 

 

オロナインを使った毛穴パックより、ケアナノパックをおすすめする理由

 

オロナインを使った毛穴パックより、ケアナノパックをおすすめする理由

ケアナノパックを使用することで毛穴の引き締め効果を実感することができ、化粧ノリも改善するのでおすすめです。

 

塗って寝るだけと方法がとても簡単ですので面倒な作業が嫌な人やスキンケアに時間を取られたくない人にピッタリです。

 

良い香りがするのでリラックス効果も得ることができ、睡眠に入りやすくなることが特徴です。チューブタイプとなっているので自分の好きな量、肌の状態に合わせて量の調節をすることができるのも魅力です。

 

肌に馴染み付け心地が良いことが特徴ですが、個人差があるようですので自分には合わないと思った人でも全額返金保証があるので気軽にチャレンジすることができます。今までのスキンケアで自分に合ったものが見つからない人は挑戦すると良いです。

 

年齢を重ねてきた肌のしわにも効果を発揮するので弾力があり、引き締まった状態に戻ることができるので使い続けることが一番です。継続することによって効果を最大限まで発揮させることができるのであまり効果を感じられなくても一定期間は使用してみることがおすすめです。

 

使い続けることで毛穴の黒ずみや汚れ詰まりなども改善していくので化粧持ちも変わってきます。夜の間に毛穴にずっと働きかけてくれるので朝方ハリのある綺麗な肌を実感することができます。スキンケアがナノケアパック1本で良いので複数スキンケア製品を購入する必要もないのでコストパフォーマンスも抜群です。

 

肌に良い影響のある成分が豊富に含まれており、副作用を気にすることなく使用することができます。肌に優しい成分だけですが、個人差がある場合もあるため、腫れや赤みなどの肌トラブルを感じたら使用を止めて医師に相談することが一番です。

 

その場合は返金保証を利用することが出来ますので安心です。使用方法としては洗顔後に化粧水で保湿してナノケアパックを使用してそのまま眠ります。起床後に洗顔してナノケアパックを洗い流すだけで良いのでとても簡単です。

 

洗顔は細かく泡立てて行うことで肌へのダメージを抑えることができ、毛穴の汚れを綺麗に取り除くことができます。その後、ナノケアパックを使用することで素肌に栄養成分が浸透しやすくなるので効果がアップします。

 

肌に伸ばすとさらっとした付け心地を体感することができますのでべとつき感が嫌な人でも利用することができます。ベルガモットの良い香りで熟睡することができるので寝付きにくい人にも効果を発揮します。