鼻の角栓根こそぎとる洗顔方法とケア方法 おすすめの洗顔フォームやクリームは?

肌のケアをちゃんとやっているよという人でも、意外とケアができていない部分が鼻ですよね。
遠くから見ると大丈夫だけど、近くで見ると鼻の毛穴が詰まってしまってポツポツと黒くなってしまっているという心当たりのある方は必見。
その黒いポツポツ、鼻の角栓をねこそぎ取り除いて綺麗な肌にするための洗顔方法とケア方法をご紹介していきます。

 

<目次>
@毛穴を開いて、角栓を取りやすくする
Aキメの細かい泡で肌へ負担をかけないようにしつつ、毛穴の奥の汚れまで落とす
Bジェルで角栓を溶かして浮かせる
C毛穴スッキリパックを貼って、角栓を取る
D毛穴の角栓をごっそり取るのに成功した後のケアも忘れない

 

 

@毛穴を開いて、角栓を取りやすくする。

 

毛穴はそのまま洗顔するだけだと、角栓まで取り除くことはできません。
実際、普段の洗顔で黒いポツポツがなくならないのがその証拠です。
ですから、角栓を取り除きやすくするために毛穴を温めて、角栓が取りやすい状態にします。
この際に、おすすめなやり方はお風呂に入る時にゆっくり時間をかけて入浴する方法です。
お湯で顔を洗うだけでは十分に開ききれない毛穴をバッチリ開くためです。
お風呂に長時間浸かるのはのぼせてしまう恐れがあるので、半身浴にしたり途中湯船から出るようにしたりと注意しながらゆっくり毛穴を開いていきます。
汗が出てくるくらいまで温めることで、角栓を取り除きやすい状態にします。

Aキメの細かい泡で肌へ負担をかけないようにしつつ、毛穴の奥の汚れまで落とす。

 

普通の洗顔料で作る泡では、どんなに細かい泡を作ってもキメの細かさが足りません。

 

汚れを落とす力と、泡の細かさからおすすめなのは『どろあわわ』というクリーム状の石鹸です。
この石鹸は、汚れを吸着してくれる細かい泥が使われていて毛穴の奥の汚れまで取り除いてくれます。

 

・『どろあわわ』の泡立て方

 

『どろあわわ』の効果をできるだけ引き出すために泡立て方にもコツがあるので
水やぬるま湯でほどほどに濡らした泡立てネットに『どろあわわ』を出します。
普通に顔を洗うときの量の目安は3センチくらいとなっています。
空気を含ませることを意識しながら、泡立てネットを擦り合わせて泡立てていきます。
しっかりと弾力のある泡になってきたら出来上がりです。

 

しっかり泡立てたキメの細かい泡で顔を洗っていくことで、鼻の毛穴の奥の汚れまで落としていきます。
すごい弾力のこの泡を使うことで、手で直接肌を擦らずに済み負担がかかりません。
この『どろあわわ』で洗うことで肌の汚れや毛穴の奥の汚れまで取り除いておきます。

Bジェルで角栓を溶かして浮かせる

 

『どろあわわ』で汚れを落としたところに、『ポアトルスーパークリアジェル』という角栓を溶かして浮かせるジェルを鼻全体に塗って約1分間マッサージしてからお湯で洗い流すだけです。
これをやることで、鼻の角栓が抜けやすい状態になって鼻パックをした時にびっくりするくらいに角栓をねこそぎ取ることができます。
このジェルを塗るのは、お風呂上がりの毛穴が開いた状態のときがおすすめです。

C毛穴スッキリパックを貼って、角栓を取る

 

角栓を抜き取るために少し濡れた状態の鼻に毛穴スッキリパックを貼ります。
鼻を濡らした状態のところに貼る必要がありますが、濡らしすぎるとはがしにくくなるので注意してください。
それから、パックを決められた時間乾かしてはがすと……
鼻の角栓をごっそり抜き取ることができます。

 

毛穴スッキリパックの注意点として、乾かしすぎも皮膚まではがしてしまう恐れがありますので乾かす時間は守るようにしましょう。
もし、乾かしすぎたら無理にはがさないで水で濡らしながら少しずつはがしていくことをおすすめします。
そして、毛穴スッキリパックはあまり頻繁にやらないで週に1〜2回くらいにしておきましょう。

D毛穴の角栓をごっそり取るのに成功した後のケアも忘れない

 

鼻のパックをはがしたあとにはまだ完全に抜けていない角栓が残っています。
抜けかかっているものでしたら、角栓を抜くことができるツイザーというもので取ることができます。
それから、パックのはぎ残しの部分などをお湯で洗い流します。

 

E残った毛穴の汚れをさらに取り除く

 

ここまでの過程でも十分に毛穴の角栓をごっそり綺麗にできているかもしれませんがさらにもうひと頑張りです。
『ポアトルスーパークリアジェル』をもう一度塗り込んで1分間マッサージをしてからお湯で洗い流します。
それから『どろあわわ』のきめ細かい優しい泡で洗います。
『どろあわわ』は、残った汚れを綺麗に落としてくれるだけじゃなく豆乳などの保湿成分のお陰でもっちりとした手触りのすべすべお肌に仕上げてくれます。
これで、鼻の角栓を気持ちいいくらいにねこそぎ取ることができているはずです。

 

F化粧水や乳液などで保湿ケアを

 

『どろあわわ』を使えば、石鹸で洗っているのにしっとりとした感じに仕上がってはいますが、さらに化粧水や乳液で保湿ケアを行っておくことでお肌の潤いをキープすることができます。

 

G毛穴を引き締めて、肌への負担が大きい毛穴スッキリパックをしなくても良い肌に

 

綺麗にした後は、これからの肌作りです。
まず、就寝前に『ケアナノパック』を顔全体に塗ってそのまま寝ます。
それから翌朝起きてから『どろあわわ』で洗顔するだけです。
この『ケアナノパック』は塗って眠っている間に、毛穴を引き締めていくことができるという優れものです。

 

『どろあわわ』で洗って清潔な肌を維持することと、『ケアナノパック』を寝る前に塗る習慣を続けることで最終的に毛穴スッキリパックをする必要がなくなるくらいの引き締まった毛穴を目指すことができそうです。
毛穴のポツポツがない綺麗な鼻にできれば、至近距離で見られるのも平気と自慢したくなっちゃいますよね。
鼻のケアがうまくできないという方はぜひやってみて、角栓がごっそりとれる爽快感と綺麗になっていく肌の嬉しさを味わってみてください。