男性でも女性でも、肌の状態って気になりますよね。

 

特に顔は洋服などで隠れない場所。
肌荒れはしてなくても、毛穴が目立ってしまってひどく気になるという人も……
しかし、女性の肌ケアの情報はたくさんみかけますが男性の肌の手入れに関する情報はどこを探せばいいの?という人も多いのではないでしょうか。
そんな男性のひどく気になる顔の毛穴をケアするおすすめの方法をご紹介していきます。

 

◯毛穴が目立つようになってしまうのは何故?

 

毛穴に汚れが詰まってしまうことで、毛穴が広がり毛穴が目立ちやすくなります。
その毛穴詰まりの元となっているのが、古い角質や皮脂です。
性別問わず、これで毛穴が目立つようになってしまいます。
しかし、男性の場合には女性以上に分泌される皮脂が多いというところがあります。
女性の場合は年齢を重ねていくごとに分泌される皮脂の量が減っていきますが、男性の場合は二十歳を過ぎると分泌される皮脂の量がそう変化しません。
皮脂の分泌が多いと、それが毛穴が詰まりやすい原因となります。
そして、洗顔の際に肌を擦ってしまったり頻繁に洗顔をすることも良くありません。
どちらも肌へのダメージから肌を守ろうとするために、角質が厚くなってしまったり皮脂の分泌が増えたりしてしまいます。
そして、洗顔料を泡立てないというのも注意すべき点です。
肌を手で直接ごしごししてしまうことになり、これも肌へのダメージがあります。

 

肌のことが気になる時に気を付けなければいけないのは、肌のことだけではありません。
生活スタイルによっても、間接的に毛穴詰まりの原因になります。
食事が糖質や脂質の多いものを比較的多く摂取していたり、煙草を吸っていたり、飲み方に行くことが多かったり、睡眠不足気味だったりというのも、肌へ悪影響を及ぼしてしまいます。

 

◯毛穴が気になる時に注意するところ

 

毛穴詰まりが気になるからとそれを乱暴に指で押して出そうとしたりというやり方はしないようにしましょう。
肌へのダメージも大きいですし、毛穴が広がっていくことにも繋がってしまいます。
だったら、毛穴パックで毛穴詰まりを取ってしまおうというのもできるだけ控えた方が良いでしょう。
毛穴パックは毛穴に詰まったものを取るためにしっかりと貼り付くので、剥がす際に負担がかかることもあります。
それに、毛穴詰まりが取れても毛穴が開いたままだと同じように毛穴が詰まることが繰り返し起こります。

 

◯男性の顔の毛穴のことを考えたおすすめの洗顔方法

 

毛穴が詰まってしまう状況の改善に洗顔の仕方も大事です。
上手な洗顔の仕方で、毛穴を上手にケアして毛穴の状態がひどくなるのをできるだけ防ぎましょう。

 

@洗顔をする前に、まず手を綺麗に洗います。

汚れた手で洗顔をして、逆に肌に汚れを付けてしまうことにならないように、手はしっかりと洗っておきます。

 

A顔を温かめのお湯で濡らします。

 

顔の表面に付いた汚れを流すことと、これから毛穴の汚れを落としやすくするために毛穴を開くために温めのお湯で顔を濡らすのがおすすめです。
冷たい水で洗顔をするという人は多いかと思いますが、ぜひお湯を使ってください。
お湯と言っても、熱すぎないぬるめの温度が良いです。

 

B洗顔料はできるだけ良く泡立てる。

 

洗顔料を泡立てる際に、できるだけ細かな泡を作ることで洗顔をする時に肌を手で擦ることにならず、泡で洗うという形にすることができます。
手を擦り合わせて泡立てるのは時間がかかってとても大変だという人は、100円均一のお店などで泡立て用のネットが販売されていますので使ってみてください。

 

C泡で顔を優しく洗っていきます。

 

十分に決め細やかにした泡で最初におでこや鼻のラインといった皮脂が分泌されやすい部分から洗っていきます。
それから顔全体も洗っていきます。
その際、手でごしごしするのではなく、泡で洗うように心がけましょう。
肌への負担の軽減のため、洗顔にはあまり時間をかけずに、泡をおとすようにしましょう。

 

Dぬるめのお湯で泡を洗い流していきます。

 

最初に顔を濡らした時と同じように、ぬるめのお湯を使って泡を流していきます。
この時のお湯も、熱すぎず冷たすぎずのお湯を使うようにしましょう。
そして、泡が残らないようにしっかりと流しましょう。
残ってしまった泡は肌トラブルの原因となりますので、しっかりと落とすように心がけます。
髪の毛の生え際など泡が残りやすいので、泡を落としきれているかチェックするようにしましょう。

 

E顔を擦らないようにして拭く。

 

ここでも、肌への優しさを忘れないで綺麗なタオルで擦らず水分を吸い取るように軽く押さえるだけでふきます。

 

F保湿などの肌ケアまでしっかりやる。

 

洗顔が終わったから、終わりではありません。
洗顔をしたあとの肌は、肌をカバーしていたものを洗い流してしまった状態で乾燥したりしてしまいやすいです。
ですから、保湿のために化粧水や乳液を塗っておきます。
化粧水や乳液を塗る際には、できるだけ擦らないようにしながら肌に馴染ませていきます。
擦らないようにといっても、よく見かける肌を叩くようにして塗っていくのはやめておきましょう。

 

パッと見た感じ、肌の様子は肌荒れや肌の乾燥などよりも毛穴の状態の方が目立ちます。
毛穴の状態がひどい時には、できるだけたくさん洗って毛穴の汚れを落とそう考えることが多いのではないでしょうか。
それよりも、一つ一つのお手入れを念入りにした方が毛穴の状態の改善に繋がりますよ。