オロナイン毛穴パックの方法と体験談

オロナインを使った毛穴パック失敗談

 

オロナインを使った毛穴パック失敗談1

オロナインを使って、毛穴の黒ずみを改善する方法は手軽で効果が高いと人気です。ですが、その効果はあくまで一時的なものなので注意が必要です。

 

私は以前、鼻の毛穴の黒ずみが気になったことからネットでの評価が高かったオロナインを使ったケアを行ってみました。

 

ケアの直後は毛穴がスッキリしたので、これは良いと喜んでいました。しかし、また一週間もすると毛穴の黒ずみが目立つようになってきました。なのでまたオロナインでパックを行いました。

 

すると、パックの直後はきれいな鼻になるのですが、またすぐに黒ずみが目立つようになりました。だんだんと黒ずみが目立つようになる期間は短くなっていき、何度もパックを繰り返すうちに鼻の肌が荒れて赤くなってきてしまいました。

 

ちなみに、パックをする度に保湿はしっかりと行ってきていました。そういったこともあり、私のオロナインを使った毛穴パックは結局失敗に終わってしまいました。パックの直後は毛穴がきれいになるので、ネット上での評価は高いですが、持続性が高いものではありません。

 

また、その人の肌質によっては肌荒れの原因となり得ることもあります。安易にネット上の評価に流されることのないようにしましょう。

 

 

オロナインを使った毛穴パック失敗談

 

若い頃から毛穴が気になっていましたが、30代に入ってから特に小鼻の黒ずみが目立つようになってしまいました。日々の洗顔やメイク落としはしっかり行い、定期的に毛穴パックを行っていましたが、年齢を重ねるごとに黒ずんでいくことがとても憂鬱でした。

 

他人の視線が気になってしまい、相手の顔を見て話ができなくなったりもしました。そんな時に、オロナインを使用した毛穴パックがあることを知りました。鼻全体にオロナインを塗り、10分程度そのまま放置した後しっかり洗い落とし、その後市販の毛穴パックを行うという簡単な方法でした。

 

藁にもすがるというと大げさかもしれませんが、そのくらいの気持ちでオロナインを試してみました。しかし残念なことに、目立った効果はありませんでした。オロナインを塗らずにパックを行った時と、大きな違いは感じられませんでした。

 

ネットで見た正しいやり方として、冷たい水ではなくぬるま湯で洗うことで毛穴を開いてからパックを行うこと、オロナインはしっかり洗い流すこととありました。それらの注意点を実行しても、期待していたような効果が得られなかったことは事実です。むしろ鼻がひりひりと痛み、赤くなってしまい悲しかったです。それ以来、オロナインは使用していません。

 

 

オロナインを使った毛穴パック失敗談

 

オロナインを使った毛穴パック失敗談3

鼻の毛穴汚れがひどく、よく言われているイチゴ鼻になっているのが気になっていました。色々なものを試しましたが特別効果があるものはなくあきらめていました。

 

そんな時にオロナインを使った毛穴パックを知りさっそく試してみました。ぬるま湯で洗顔後、鼻にオロナインをたっぷり塗って10分位おき、その後、オロナインを洗い流します。

 

それから市販の毛穴パックをします。規定の時間でパックをはずすと普通にやるよりもオロナインを塗る行程をプラスした方がプツプツや黒ずみがとれていました。オロナインを塗るだけでお手軽で簡単と直後は感じ喜んでいたのですが、5日程経つとまた鼻の毛穴の黒ずみや汚れが目立ち始めました。

 

黒ずみが嫌で、またオロナインを使ってパックをしました。前回と同じようにプツプツと黒ずみはとれたので安心していました。しかし、1時間位して鏡を見ると、以前よりも毛穴が開き、目立つようになっていてすごくショックでした。

 

その後も毛穴の開きは目立ったままで、そこに汚れと黒ずみがまた起こるので以前よりも汚く黒ずみが目立ちもっとひどいイチゴ鼻になってしまいました。面倒に思っても一時のキレイじゃなく毎日の丁寧な洗顔や肌のケアをしっかり続けることが大切なんだと感じました。

 

 

オロナインを使った毛穴パック失敗談

 

私は男性ですが、人並みに肌ケアをしています。肌が脂っぽいので、予防のための一環です。ある日、鼻の角栓が気になり鼻パックを試します。正直、市販で売られている物は微妙です。良くも悪くもなく、少し角栓がとれて複雑に感じます。

 

どうせやるなら、角栓全部とりたいと思うのが本音です。そこで、巷で噂になっていたオロナインパックに挑戦します。初の試みなので、若干緊張しながら鼻に塗り込みます。塗った鼻にパックし、5分経ったあとにはがして見ると私は驚愕します。

 

毛穴のすべてから、角栓がとれていたのです。あまりの結果に、私は事あるごとにオロナインパックをします。それが、悲劇のはじまりです。鏡を見ているうちに、私はある事に気づきます。毛穴が開きすぎて、角栓が前より増えていることです。

 

鼻パックは限度を超えると、毛穴を悪化させます。それを知らなかった私は、鼻を傷つける行為をずっとしていたのです。後にオロナインパックの危険性を知り、今ではパック自体止めています。いくら美容のためとはいえ、自分の首を絞めては無意味に終わります。

 

何事もほどほどに、それを身に染みた瞬間です。鼻パックを止めた私ですが、懲りずに角栓とりに勤しんでいます。

 

 

オロナインを使った毛穴パック失敗談

 

オロナインを使った毛穴パック失敗談5

私は、鼻の毛穴の黒ずみが気になって、オロナインでパックをしていました。オロナインは、一度使っただけでも効果があり、自分に合うと思って毎日続けていました。

 

ピリピリした感じはしていましたが、効果があることにばかり目が向き、多少ピリピリするのは仕方がないことと思っていたのです。

 

オロナインを鼻にたっぷり塗り、ピリピリした刺激を我慢して続けました。それが悪かったのでしょう。炎症を起こし、鼻が真っ赤になってしまいました。これはまずいと思い、毛穴パックを休むことにしました。

 

炎症を起こさなくなったら、また再開しようと思っていました。今度は、毎日パックするのをやめて、3日おきぐらいにしようかなと考えていました。炎症が鎮まってきてから鏡を見ると、毛穴の黒ずみがまた気になるようになり、毛穴の開きも目立っていました。

 

これにはショックでした。メイクをすると、毛穴にファンデーションが落ち、汚く見えるようにもなり、パックし過ぎたことを後悔しています。オロナインは、パックする前から家に常備しており、親しみがありましたが、やはり傷を治すなど本来の使い方をした方が良いと思いました。それからは、オロナインを使ったパックをしなくなりました。