毛穴の開き黒ずみの洗顔方法

毛穴の黒ずみの原因

 

毛穴の黒ずみの原因

鏡を見ると気になる人も多いのが、毛穴の黒ずみです。

 

ファンデーションで誤魔化すこともできますが、きちんとケアしなければいつまでたっても改善することはないものです。

 

そのためきちんとケアするためには、原因を知って自分に合った方法でケアしていくことが必要となります。

 

毛穴は皮脂を分泌することでホコリや化学物質などの外側からの刺激から肌を守る働きがあります。汗や皮脂とともに体の中の老廃物を排出する働きをしており、健康な肌を保つためには重要な器官ともいえます。

 

黒ずんでしまう原因は幾つかあります。ホコリや皮脂、古い角質、落としきれなかったメイクなどが詰まっているタイプはザラザラしているのが特徴です。肌が乾燥していたり保湿が不十分な場合には広がっているタイプです。

 

肌が乾燥しているせいで皮脂が過剰分泌されることで毛穴が詰まって広がってしまい影ができることで黒ずんで見えます。オイリータイプは皮脂が過剰分泌されていることで、新陳代謝と皮脂の量がバランスを取れずに詰まって汚れてしまっているとされています。

 

代謝の悪さや過剰なケア、紫外線などの強い刺激があるとメラニンが蓄積されてそれが黒ずんで見えるようなることも考えられます。原因は様々なものがあるため、改善するにはこれらの原因に合わせてケアしていくことが大切です。

 

汚れ詰まりタイプには、ファンデーションなどのメイクによる油分がホコリや化学物質を付着しやすくしています。そのためケアするためには肌への負担が少なく、潤いを奪わないタイプのクレンジングを行って、正しい洗顔とスキンケアを行っていきます。

 

毛穴が広がってしまうタイプは、肌の乾燥を改善することが重要です。洗顔の保湿はしっかりするようにして、適度な運動や入浴で代謝を高めることも有効です。オイリータイプは皮脂のコントロールを意識することが良いとされています。

 

正しい洗顔と皮脂を意識した保湿で過剰な皮脂分泌を抑えていきます。スキンケアだけではなく、脂質の多い食事や偏食を止めることも体の内側から皮脂をコントロールするのに役立ちます。メラニンタイプは、厳密に言うと毛穴の問題ではないため正しい洗顔と保湿に加えて、メラニンを除去する効果のある美白化粧品と紫外線対策を行うことが効果的です。

 

肌に負担がかかるとメラニンは生成されるためケアをするときには優しく丁寧に行います。また、運動やピーリングなどで肌のターンオーバーを促進させることも重要です。

 

 

鼻の毛穴の黒ずみ洗顔方法

 

鼻の毛穴の黒ずみ洗顔方法

様々なお肌トラブルに悩まされている人がいますが、中でも鼻の毛穴の黒ずみに悩まされている人が多くいます。

 

鼻は顔に真ん中にあるパーツなので、そこにトラブルがあるとどうしても目立ってきてしまいます。

 

鼻の周辺は顔の中でも皮脂の分泌が盛んな場所であり、頑固な皮脂詰まりがすぐにできてしまう為、お肌トラブルが特に出やすい部位なのです。しかし、この黒ずみは洗顔方法を少し変えることで改善することが可能です。

 

まず、鼻の毛穴の黒ずみを解消するための正しい洗顔方法は、

 

泡立てネットなどを使用してきめ細かい泡を作ります。ホイップ状の弾力があるモチモチとした泡が理想的です。次に、毛穴の気になる部分に泡を乗せるようにして、優しくマッサージをするように洗顔していきます。

 

お肌を擦るのではなく、指を小刻みに左右に動かして泡で優しく汚れを擦るようにするのがコツです。この時、黒ずみを取り除きたいからといって何度も洗顔したり、ゴシゴシと激しく擦ったりすると逆効果になってしまいます。こういった間違った洗顔方法を行ってしまうと肌の表面の角質を傷つける原因になってしまいます。

 

そして、皮脂詰まりが増える原因となってしまい、黒ずみを作ってしまっていることになるので、注意するようにします。また、さらに効果的に汚れを落とす為には、洗顔をするタイミングも重要になってきます。出来れば入浴時などの体が温まって毛穴が開いている時がベストです。

 

朝起きたときの洗顔時は、温かい蒸しタオルなどを顔に乗せてから洗顔をすることがオススメです。
そうすることで顔の血行が良くなり、毛穴も自然と開いてくれる為です。少し面倒ですが、このひと手間を加えるだけで効果はかなり違ってきます。

 

 

次はすすぎです。

 

鼻の毛穴の黒ずみ洗顔方法

実は、洗顔方法よりも最も大切なのはこのすすぎなのです。すすぎはなるべく冷たい水ではなく、ぬるま湯で15〜30回程度行うようにします。この時も強く擦らないように注意します。

 

洗い残しは汚れや細菌などが皮膚に付着したままとなり、黒ずみになってしまう原因の1つなので、細かいところまでしっかり優しく洗い流していきます。特に小鼻などは洗い残しが起こりやすいので注意します。

 

 

最後は保湿です。

 

綺麗になったお肌の角質内にしっかりと水分補給をしてあげる事は、鼻の黒ずみ解消にとても重要になります。美容液・乳液などでお肌の角質をしっかり保湿してあげます。この時、保湿性がとても高いセラミドが入った美容液や乳液を使用すれば、さらなる効果が期待できます。

 

なぜ化粧水ではないのかというと、セラミドは水溶性ではない為、化粧水には溶けにくいという性質があります。その為、美容液や乳液のような油分を含むものに配合されていることが多いのです。こういった注意点に気を付けて毎日の洗顔を行っていけば、次第に黒ずみは解消されていきます。

 

また、スペシャルケアで黒ずみを除去する方法もあります。その方法とは、重曹洗顔です。重層には、研磨作用がある為、この作用を利用して洗顔をすることで鼻の黒ずみが綺麗になるのです。重層洗顔の方法は、まず、いつも使っている洗顔料を先ほど紹介した方法でしっかりと泡立てます。

 

そして、そこにひとつまみ分の重曹を加えます。そうすることでスクラブ効果が期待できるようになるので、黒ずみが気になる所を優しくマッサージするように洗っていきます。そして、すすぎをしっかり行えば重層洗顔は完了です。この後はしっかり保湿をするようにします。

 

重層洗顔の注意点としては、不要な角質を除去する働きがあるため鼻の黒ずみ予防に役立つ洗顔方法なのですが、研磨作用を利用した洗顔法なので摩擦による刺激があります。強く擦りすぎたり、過度に行いすぎると、お肌を傷つけてしまい、お肌トラブルになってしまう場合があります。

 

その為、毎日行うことは避け、週に1〜2回のスペシャルケアとして使用するようにします。また、重層にも沢山種類があるのですが、安全性の高い食用のものを使う事がオススメです。そして、毛穴の皮脂や汚れが気になるからと1日に何度も洗顔をしている人がいますが、これも間違いです。

 

洗顔のし過ぎは、皮脂分泌を過剰にしてしまい、お肌を傷つけてしまうことがあるので、1日2回までにするのが理想的です。タイミングとしては、朝起きたときと、夜の入浴中にすることがオススメです。

 

 

このように、洗顔方法を少し見直すことで鼻の黒ずみは改善できます。正しい洗顔方法を行う事で出来てしまった黒ずみを解消することはもちろん、今後の黒ずみの予防にもなります。また、洗顔後のケアの効果を上げることにも繋がります。

 

洗顔は毎日行うことなので、今までの洗顔方法を出来るだけ早く見直して改善することが重要だといえます。また、洗顔法を改善してすぐに効果が出なくても、根気強く正しい洗顔法を継続して続けていくことが、鼻の黒ずみを解消するうえで大切なことです。

 

 

頬の毛穴の黒ずみ洗顔方法

 

頬の毛穴の黒ずみ洗顔方法

毛穴の悩みといえば、よく取り上げられるのは小鼻の黒ずみですが、頬の毛穴の黒ずみも気になりますよね。

 

年齢を重ね皮膚がたるんだり、紫外線を浴びる時間が長いと毛穴が広がり、どうしても汚れが入りやすくなります。

 

黒ずみの正体は不十分な洗顔でファンデーションやチーク、皮脂などの老廃物が広がった毛穴に残ってしまったもの。いわゆる角栓化した汚れです。意外かもしれませんが、小鼻だけでなく頬にも角栓はできるのです。

 

その角栓化した汚れに有効なのは徹底した洗顔。順を追って説明しますので、試してみてください。

 

まず、清潔なタオルを用意してください。

 

タオルを湿らせ、レンジで温めて蒸しタオルを作りましょう。温度は少し熱めのお風呂くらいが適しています。あまり熱くし過ぎるとやけどしますので、加減しながら加熱してください。温めたタオルを顔に乗せ、毛穴を広げます。

 

長時間乗せる必要はありません。気持ちいいな、と感じる程度の時間で充分です。蒸気が角栓などの汚れを浮かび上がらせます。もし、蒸しタオルが面倒であれば、洗顔前に湯船につかるのも効果的です。お風呂の蒸気が、蒸しタオル同様の効果を発揮してくれます。

 

ここからが肝心のクレンジングです。

 

クレンジング剤を適量、手のひらに取り人肌に温めてから、優しく肌になじませましょう。強くこする必要はありません。また、長時間のクレンジングは逆効果です。クレンジング剤が毛穴に入り込み、角栓の元になってしまう場合もあるからです。肌になじませてからオフするまでの時間は1分くらいを目安にしてください。

 

洗顔は、必ず泡立てて行いましょう。泡を作ることで、手と繊細な顔の肌がこすれ合うのを防ぎます。この際、大きな泡にする必要はありません。むやみに泡立てすぎると、かえって泡がもろくなり、手と肌がこすれてしまいます。洗顔も、泡を長時間肌に乗せるのはよくありません。泡が必要な油分まで奪ってしまうからです。クレンジング同様、洗い流すまで1分くらいを目安に行ってください。

 

洗顔で最も重要なのがすすぎです。

 

頬の毛穴の黒ずみ洗顔方法

水かぬるま湯を手のひらで汲み、顔全体で30回以上はすすぎましょう。

 

シャワーを直接、顔に当てるのは厳禁です。シャワーの水圧は肌には強すぎて、ダメージの原因になります。

 

 

黒ずみにはスクラブも有効です。

 

スクラブ入りの洗顔料も多数ありますが、毎日ではなく、週に1回程度のスペシャルケアとして利用しましょう。顔を充分に濡らし滑りを良くした後、くるくると円を描くように指の腹で優しくマッサージ。ゴシゴシこすったほうが汚れが落ちると思うかもしれませんが、濡れた肌は非常に柔らかく傷つきやすいので、力を入れすぎないように注意しましょう。

 

ちなみにスクラブは手作りすることも出来ます。

 

材料は、はちみつと粒の細かい塩。はちみつには保湿効果、塩には引き締め効果があります。
全体の比率ははちみつ3:塩1くらい。よく混ぜ合わせて、テクスチャーを確かめながら量を加減してください。顔全体を濡らしてから、上記の要領でマッサージしましょう。

 

すすぎは、冷たい水だとはちみつが固まって落ちにくいのでぬるま湯ですすぐか、その後の洗顔を丁寧に行いましょう。

 

 

洗顔の後に大切なのが保湿。

 

充分な保湿をしないと、肌は自身を保護しようと過剰な皮脂を分泌し、それが角栓の原因になることも。

 

まずは化粧水。

 

高い化粧水を使わなくても、肌をケアすることはできます。逆に、高い化粧水を少しずつ使うよりも、手頃な化粧水をたっぷり使ったほうが肌には良いです。化粧水は洗顔後すぐにつけましょう。使う量は、製品の説明書にある通りの量にしてください。

 

これは、クレンジング剤、洗顔料を含めた基礎化粧品の全てに共通することです。顔全体に化粧水をなじませたら、手のひらで顔を抑えるように包みましょう。手のひらの温度で化粧水が肌に浸透しやすくなります。

 

次に、乳液、またはクリームで水分を与えた肌に蓋をします。

 

乳液とクリームの違いは、一般的に水分と油分の量の違いで、水分が多いものが乳液、油分が多いものがクリームに分けられます。手のひらに適量の乳液、またはクリームを取り、人肌に温めます。

 

 

温まったら両手のひら全体で、頬、目もと、おでこ、鼻筋、口もと、あごの順番に塗っていき、最後にフェイスラインにすーっと伸ばします。顔のぬめり感が無くなるまで動作を繰り返して全体によく行きわたらせましょう。

 

クレンジングから洗顔、保湿までの全てに当てはまることは、「力を入れ過ぎない」ということです。
「優しく、優しく」と心がけてください。女性の肌はとても柔らかく、傷つきやすく、繊細です。ケアをするつもりでダメージを負わせてしまっては、元の木阿弥。

 

特に、洗顔は「汚れを落とす」というイメージで、力強くゴシゴシとこすってしまいたくなりますが、刺激を与えることで逆効果になってしまうことを心にとどめておいてください。そして、一番大切なのが、一日の汚れを翌日に持ち越さないこと。メイクを落とさずに寝るのは大ダメージ。眠りに就く前には必ず洗顔をしましょう。

 

 

毛穴の黒ずみを洗顔した後は、ケアナノパックを使いましょう

 

毛穴の黒ずみを洗顔した後は、ケアナノパックを使いましょう

しっかりと泡立てて洗顔した後にはナノケアパックを使用して睡眠をとることで寝ている間に効率的なスキンケアを行うことが可能です。

 

毛穴を引き締めることができ、美容成分を閉じ込めて毛穴を目立たなくするので美肌になることができます。

 

ナノケアパック1本で豊富な美容成分が含まれているので複数のスキンケア商品を購入するよりも効果があります。

 

コストパフォーマンスに優れているので低価格の料金で満足した効果を得ることができます。肌に万が一合わない場合や効果を実感することができなくても全額返金保証を利用することで費用が戻ってくるので気軽に使ってみることができます。

 

化粧水とナノケアパックだけで良いのでとてもスキンケアが楽になります。今まで時間をかけてスキンケアしていても効果を感じなかった人やスキンケアにかける時間を短縮させたいという人におすすめの商品です。

 

ベルガモットの香りがするのでつけるだけで熟睡できる環境を整えることができ、深い眠りにつくことができます。べたつきがなく、さらっとした使用感ですので不快感がなく気軽に使用ができます。使っているうちに化粧ノリも良くなり、シワ等も改善するので年齢を重ねてきて肌のハリやキメがなくなってきた人にも効果的です。

 

継続して使用するうちに肌の触り心地が変わってきますので潤いのあるふっくらとした肌を実感できます。1回に使う量の目安は決まっているので多すぎても少なすぎても効果を発揮しないので肌の状態に合わせて調整することが大事です。

 

毛穴の開きを改善するだけでなく黒ずみも解消することができますのでナノケアパックは毛穴に特化した製品であることがわかります。植物由来の成分を豊富に含んだのがナノケアパックですので肌への負担をかけることなくスキンケアすることができます。

 

水分保持機能や角質層の水分量を増加させる成分も含まれているのでしっかりと潤いを補給することができます。3つの種類のヒアルロン酸が含まれているので朝までしっとりとした潤いを保つことができます。

 

乳液や美容液がいらなくなるので旅行先でも持ち運びやすく手軽です。スキンケアは睡眠のゴールデンタイム中に行うことで体の内外からダブルでケアできます。スキンケアアドバイザーがしっかりとサポートしてくれるので使用方法や不安なことや気になることを何でも質問することができます。購入前でも相談することができるので万全の体制でナノケアパックを使用できます。

 

 

毛穴の黒ずみにおすすめの化粧水の使い方

 

毛穴の黒ずみにおすすめの化粧水の使い方

毛穴の黒ずみで悩んでいるという人も多いでしょう。黒ずみの主な原因は角栓ということですが、間違ったケアをすると肌への負担が大きくなってしまいます。

 

そこで詰まってしまった毛穴の黒ずみを効率よく除去するための方法を知っておくと良いでしょう。

 

黒ずみの原因は角栓の酸化によるものなのですが、皮脂やほこり、汗などの原因によって角栓ができてしまいます。

 

黒ずみを除去するためには毎日使っている化粧水などを見直すことが大切です。角栓が酸化することで黒ずんでしまうということですが、色素沈着が原因となっていることもあります。メラニン色素はもともと肌を守るためのものであり、紫外線や肌への刺激によって過剰に作られてしまうこともあるのです。

 

メラニンと聞くと紫外線を浴びると増えるものだと考えている人もいるでしょう。しかし、外部からの刺激によってメラニンの生成が促進されてしまうこともありますし、色素沈着が起きて黒ずみが発生してしまうのです。

 

また、乾燥すると角質が厚くなってしまいますし、それが毛穴を塞いでしまうこともあります。黒ずみがあると顔全体が汚く見えてしまうので気になっている人も多いでしょう。黒ずみを除去する方法といってもいろいろありますが、ピーリングという方法がよく知られています。

 

市販のピーリング剤を使えば自宅でも手軽に行うことができますし、ドラッグストアなどでも購入することができます。皮膚科や美容皮膚科などで治療を受けることもできますが、自宅で行いたい場合は肌に負担の少ないピーリング剤を選ぶと良いでしょう。

 

黒ずみが目立つのは主に鼻と言われており、鼻というのは皮脂の分泌が多いという特徴があります。過剰に分泌された皮脂が詰まると角栓が作られてしまいますし、それが大きくなることで毛穴が開いてしまいます。

 

また、時間の経った角栓は硬くなって自然に排出されることが難しくなります。しかし、黒ずみが気になるからといって無理やり取ろうとするのは良くありません。また、大切なのは角栓を作らないことであり、黒ずみができる前にしっかり予防すると良いでしょう。

 

そのためには正しい方法で洗顔を行い、しっかりと保湿をして水分と油分のバランスを整えることが大切です。また、化粧水については保湿効果の高いものを選ぶようにしましょう。保湿成分が豊富に含まれた化粧水を使うことにより、肌を保湿して毛穴の黒ずみを解消することができるのです。

 

 

毛穴の開きが大きくなる理由

 

毛穴の開きが大きくなる理由

赤ちゃんの頃から変わらない毛穴の数。しかし、赤ちゃんで毛穴の開きが目につくなんてことはありませんよね。

 

年齢とともに開きが大きくなり目立ってきます。原因はなんでしょうか?まず開きにもいくつかの種類があります。

 

「ニキビ」によるもの、「たるみ」によるもの、「汚れの詰まり」によるもの、たるみが進行し「帯状」になってしまったもの。

 

ニキビによるものは、毛穴、ニキビができてしまった結果によるものですが、毛アナにたまった皮脂、角質、汚れが酸化してしまい、ニキビの原因菌が増殖してしまうのです。また、ニキビ気にするあまり洗顔をし過ぎてしまったりその後の保湿を怠ることでニキビが悪化し悪循環になってしまいます。

 

次に「たるみ」によるものですが、大きな原因は加齢によるもので。加えて乾燥もあります。毛アナが楕円形状であるなら、たるみの原因は加齢でしょう。加齢に伴い、肌の土台とも言えるコラーゲンやエラスチンが減少することで、土台が緩み肌表面のハリが失われ、たるみを引き起こします。

 

最後に汚れの詰まりによるものですが、黒ずみが目立っていたり触るとザラザラしているのであれば、汚れの詰まりが原因と言えるでしょう。間違ったスキンケアによる皮脂の過剰分泌、クレンジングがしっかり行われていないことで、肌に汚れがたまってしまい詰まってしまうのです。

 

原因によって対策も変わってきますから、まず自分の原因について知ることが必要です。対策についてお話しする前に、多くの方が間違って行っている対策についてご紹介します。ケアをしているつもりが実は開きを大きくあいていることがあるのです。例えば、爪で角栓を押し出す、毛穴パック、肌に触りすぎてしまうことなどです。気をつけて下さい。

 

さて対策ですが、ポイントとして4つ押さえておきましょう。正しい洗顔・保湿・ストレスの軽減・食生活です。洗顔についてですが、ただ汚れが落ちればいいというものではありません。間違った方法による洗顔はお肌に負担をかけ毛アナの開きを大きくしてしまいます。

 

肌に負担をかけないように、たっぷりの泡で優しく洗顔して下さい。その後しっかり保湿して下さい。お肌が乾燥しているとそれを保護するべく皮脂が過剰に分泌されてしまい毛アナが詰まってしまいます。洗顔後はしっかりと保湿を行って下さい。食生活で気をつけることは脂肪分や刺激物を含む食事、またアルコールやタバコも控えるようにしましょう。