毛穴がファンデーションをしても目立つのは何故?毛穴落ちを治すには?

ファンデーションをしても毛穴が目立つ理由

 

ファンデーションをしても毛穴が目立つ理由

頬や鼻などにボツボツとある毛穴が気になるという人は多いです。

 

ファンデーションを塗れば隠れそうなものですが、塗ってからも意外と目立っていることが多いです。ファンデーションは、お肌をきれいに見せるために塗るものです。

 

シミやクマなどは、塗るだけである程度カバーしてくれます。しかし、毛穴の場合は逆にファンデーションを塗った方が毛穴が目立ってしまうということが起こります。この原因は、毛穴落ちと呼ばれていて、ファンデーションが中に入り込むことで起こる状態です。

 

隠そうとして厚塗りすればするほど、逆に目立つので注意が必要です。

 

気になりますが、塗るだけではカバーするのが難しい状態です。
また皮脂が過剰に分泌していると、素肌の上にのるはずのファンデーションが、皮膚の上にのってしまい、うまくつかないで浮いてしまうということもあります。

 

メイクしたときはきれいな状態でも、数時間が経過して、皮脂が出てくるようになるとだんだん目立ってくると言うケースもあります。
その場合は、トイレに入ったときなどに状態を確認して手直しすれば多少改善されますが、なかなか毛穴が目立たない様にするには
時間がかかります。

 

きれいなお肌になるために、ファンデーションはパウダータイプよりもリキッドタイプを選ぶと仕上がりがきれいになりますが
しかし、いくらメイクのテクニックが上がったとしても、素肌は改善されていません。

 

 

やはり、毛穴を目立たない様にするには、根本的に素肌の改善が必要となります。

 

当サイトでは、毛穴開きを小さくする市販の商品の中でも、
ケアナノパックをおすすめしています。

 

>>毛穴改善おすすめ化粧水<<

 

ケアナノパックとは、従来の毛穴部分に貼ってはがすタイプのパックではありません。
はぐタイプのパックは、パックに汚れや皮脂がついてくるのでキレイになった!と思い癖になりますが、
実際は毛穴が開いてしまうので余計汚れが入り込みやすくなってしまいます。

 

ケアナノパックは、寝る前に顔全体に塗るだけという今までにないパックです。
今までスキンケアの時間というと、入浴後や朝の忙しい時間しかありませんでしたが、このパックは寝ている時間を有効活用することができます。

 

夜の間ずっとお肌に成分が働きかけるので、効果を実感しやすいです。寝ているときは、メイクをしていないので、成分が浸透しやすい状態になっています。紫外線の影響もない時間に、毛穴を洗浄、うるおい、引き締めの3ステップをすることでより確実な効果をあげることができます。

 

洗顔後、化粧水で整えたお肌に塗るだけで、美容液や乳液など他の美容アイテムは不要なので経済的というメリットもあります。塗って寝るだけという手軽さで、朝には引き締まったきれいな毛穴になります。

 

ファンデーションをしても毛穴落ちする理由

 

ファンデーションをしても毛穴落ちする理由

ビジネスや他者とのコミュニケーションをとる上で、相手に恥ずかしく無い容姿を見せるため化粧は欠かせないものです。

 

しかし肌はニキビやシミを初めとした多くの疾患、不調を招きやすい箇所でありメイクアップをしても思わぬトラブルを発生させるケースがあります。

 

ファンデーションによる毛穴落ちもその中の一つであり、小鼻や頬の周辺に白いポツポツとしたものができてしまう状態を指します。これは肌の中の皮脂が過剰に分泌され開いてしまった毛穴にファンデーションが埋まってしまった為、こうした状態に至ります。

 

ファンデーションが落ちてしまいというのはその分、汚れが溜まりやすい状態であることを示します。皮脂が溜まったり、メイクが埋まったままの状態を放置すると肌の黒ずみやニキビを発生させることに繋がり負のループに陥りやすいです。

 

そもそもファンデーションが落ちてしまうほど毛穴が開いてしまう理由は、肌の乾燥が考えられます。乾燥による肌のキメが乱れるのは一見分かりづらいですが、実は表面はボコボコとしてファンデーションや汚れが詰まりやすい状態になっています。

 

その為肌を整えるためにはまずは保湿が重要であり、肌の角質層で細胞同士の隙間を埋めてくれている成分であるセラミドを多く含んだ化粧水でケアをすべきです。実は乾燥肌の体質でなく逆のオイリー肌の人も、毛穴落ちをしやすいとされます。

 

オイリー肌は肌がベタついた状態で、乾燥してないように見えますが皮脂が過剰分泌してるだけで水分は乾燥肌同様少ない状態です。オイリー肌の人の場合はビタミンC誘導体を含んだ化粧水を使用すると良いです。

 

ビタミンC誘導体にはコラーゲンの生成を促すとともに、皮脂分泌をコントロールするのに効果があるとされるのでオイリー肌に適してると言われます。しかし化粧水のみではファンデーションが落ちてしまう状態を完全に防ぐことは難しいです。

 

そこで最も重要になるのが化粧下地であり、これを使用するかしないかによってメイクのノリの違いも変化します。そもそもccクリームやbbクリームなどの化粧下地には、紫外線や汚れといった外部からの刺激を防いだり、肌の色のムラをなくす役割を持ってます。

 

そして、肌の毛穴の凹凸やファンデーションの詰まりを予防する効果も備わっておりメイク前の使用の大切さが伺えます。なので保湿ケアをしても肌のポツポツが目立って困ってる人は、もしかしたら化粧下地を使用してないからかもしれません。以上のことを注意してメイクをすれば、肌の不調を感じることなく生活できるでしょう。

 

 

毛穴を隠すファンデーションの塗り方

 

毛穴を隠すファンデーションの塗り方

肌が乾燥してしまうと気になるのが、毛穴の開きです。乾燥が原因のため直接肌に潤いを与えるようなスキンケアはとても大切ですが、すぐには治らないためそれをいかにカバーするのかも重要となってきます。

 

毛穴をカバーするために用いられるのがファンデーションですが、なかなか隠れてくれないということがあります。

 

そんな時に考えられる原因としては、スキンケアが間違っている、ファンデーションが合っていない、塗り方を間違えていることが挙げられます。ファンデーションを塗る前にはまずしっかり肌を潤していくことが必要です。

 

肌が吸い付くぐらいにメイク前には化粧水で肌に潤いを補給していきます。スキンケアをメイク前にするかしないかで、化粧のノリも変わってきます。乾燥が気になる部分にだけ乳液やクリームを塗っていきます。皮脂の多い部分に油分の多いケア用品をつけると化粧崩れの原因となります。

 

肌に馴染まなかった部分は、ティッシュで軽くオフして余分な油分は取ります。次に化粧下地を塗っていきます。面倒だからと省く人もいますが、省いてしまうと毛穴をカバーできないためしっかりムラなく塗っていきます。毛穴がきになる部分には軽くたたき込むように重ねづけすると効果的です。

 

ファンデーションがあっているかいないかも重要となります。乾燥肌であればリキッドタイプやクリームタイプがよく、脂性肌の場合にはオイルフリーやパウダータイプのものが良いいとされています。自分の肌タイプにあったものを選んでいくことが大切です。

 

塗り方としては、どのタイプでもまずファンデーションブラシを使っていきます。毛穴が気になる部分にファンデーションを置いて、ファンデーションブラシをくるくる回しながら肌にしっかり密着させていきます。これだけでもだいぶ目立たなくなるとされています。

 

ケアが終わった後は、スポンジを使って化粧崩れが起こしやすい部分から丁寧にファンデーションを叩き込んでいきます。肌になじむように顔全体に塗っていきます。最後にパール入りのフェイスパウダーで仕上げることによってよりカバーすることができるようになります。

 

ファンデーションを厚塗りしてカバーしようとする人も多いですが、厚く塗るだけではしっかりとカバーできないため注意が必要です。しっかりカバーしたい場合には、日頃のスキンケアを行っていくことと同時に薄く丁寧にファンデーションを重ね付けしていくことがポイントとなります。

 

 

毛穴を隠すにはリキッドタイプとパウダータイプどっちが良い?

 

毛穴を隠すにはリキッドタイプとパウダータイプどっちが良い?

毛穴の黒ずみや開きが気になる人は多いと思います。

 

ケアするためには、きちんと洗顔をしたり引き締めたりすることが重要ですが、すぐに悩みを改善できるわけではなくファンデーションで隠しているという人も多いのが現状です。

 

しかし、毛穴の悩みをファンデーションでカバーするには正しいファンデーションを選んで、正しく使うことがカバーするポイントとなります。

 

毛穴のタイプは大きく分けて肌のたるみによって開いた状態、ニキビなどの炎症で肌にダメージがあり凸凹になった状態、角栓が詰まっている、メラニンが発生することで黒ずんで見える状態に分けられます。

 

基本的には、どのタイプであろうとリキッドタイプやクリームタイプなどの液体状のファンデーションが良いとされています。液体状のファンデーションであれば、毛穴の入り口に入りここんで肌の凸凹などを滑らかに見せることができます。

 

かなり目立ってしまっている場合には、リキッドタイプのものよりも肌に密着しやすいクリームタイプがオススメです。クリームタイプはしっかりつけることができますが、伸びは良くないため厚く見えてしまうため、しっかり伸ばして肌に叩き込むことが重要となります。

 

パウダータイプをどうしても使いたいという場合には、化粧下地を悩みのタイプにあったものを使用することが必要となります。化粧下地で肌をフラットにして肌のベースを作ることでパウダータイプでも問題なくカバーすることができます。

 

肌が乾燥することで目立ってしまっているという場合には、保湿効果の有るファンデーションを使うことがおすすです。様々なタイプがありますが、影で目立ってしまっているというときには肌色もしくは少し明るめのファンデーションの色を使うことが良いとされています。明るいものを使ってしまうと、黒ずみが目立つこともあるため注意が必要です。

 

ファンデーションのタイプに合わせて効果的なのが、仕上げに使われるフェイスパウダーです。パール入りのものを選ぶことで光の拡散作用で影が目立たなくすることができます。しかし、これらはあくまでもカバーのための方法です。

 

ケアするためにはクレンジングをしっかりすることや、気になる部分に乳液をなじませて入浴や蒸しタオルで毛穴を開いて汚れを落としやすくし、たっぷりの泡で優しく洗顔していききます。ぬるま湯などで洗顔料を落としたら、最後に水をかけて引き締めてしっかりスキンケアを行います。週に一度ピーリングなどでスペシャルケアすることも効果的です。

 

毛穴レスファンデーションとは?

 

毛穴レスファンデーションとは?

毛穴レスファンデーションとは、毛穴がないように見せる化粧品のことで、中でもベースメイクに使うファンデーション選びは、慎重に行う必要があります。

 

最近テレビや雑誌などで毛穴レスという言葉をよく耳にするようになりましたが、どのような状態が毛穴レスかというと、

 

まるで殻をむいたゆで卵のような、凹凸のないなめらかな状態の肌で、素顔でそのような状態にするのはなかなか難しいかもしれませんが、メイク方法を工夫するだけで、簡単に毛穴がないように見せることは可能です。

 

ファンデーションを塗る前には、毛穴専用の化粧下地をつけることが大事です。特に、光を乱反射させることで、目立たなくすることができますから、テカリを防止するようなパウダーが配合されているようなものを選びましょう。

 

カバーする下地の付け方は、まんべんなくむらのないように塗るのがポイントです。むらがあると、上に付けるファンデーションやフェイスパウダーまでむらになってしまいますから、均等に塗っていきましょう。

 

乾燥肌の人は、リキッドファンデーションがおすすめです。スポンジに少しリキッドファンデーションを取り、埋めていくように軽くたたきこんで付けていきます。たたき込むことがポイントで、伸ばすようにつけるとよれてしまいます。

 

オイリー肌の人には、パウダーファンデーションがおすすめです。オイリー肌の人はテカリが気になりますから、肌にぴったりとフィットするパウダーファンデーションが効果的です。ファンデーションを塗った後には、フェイスパウダーをパフにとって少しずつ付けていくことで、なめらかで凹凸のない肌をつくることができます。

 

パウダーを付けることで皮脂による化粧崩れも防ぐことができるので、おすすめです。リキッドファンデーションやパウダーファンデーションだけでは、十分な効果が得られないという人は、パールが入ったパウダーがおすすめです。

 

パールによって、光を拡散して毛穴を目立たなくしてくれますし、粒子の細かいものを選ぶことで、女性らしさを演出することができます。ただ、付けすぎると逆に目立ってしまいますから、付ける量はごく少量にとどめておきましょう。

 

肌が乾燥すると、水分やコラーゲンが減少して、皮膚がハリのない状態になると、毛あながはっきりと広がってしまいます。そのため、毛穴を目立たなくするには、化粧下地をきちんと塗ることがポイントです。均等にきちんと塗っておくことで、ファンデーションが薄付きになり、ナチュラルな仕上がりで、素肌がきれいだと思われます。

 

 

毛穴のファンデーションをきれいに落とす方法

 

毛穴のファンデーションをきれいに落とす方法

角栓を取り除くためには正しい毛穴ケアが必要です。角栓の30%は皮脂で残りの70%はたんぱく質となっています。

 

温かい状態にして拭き取っても皮脂が溶けだした状態のものだけ取れるのでほとんどのたんぱく質は取れないのが現状です。

 

そのため、肌を傷つけないように指の腹で優しく押し出したり、毛抜きのピンセットで角栓のみを摘み取り出す方法などが効果的です。

 

毛穴パックに関しては角質も一緒に取れてしまう可能性があるので月に1回など回数を決めて行うと効果的です。肌のターンオーバーに応じて使うことでニキビや炎症などの肌トラブルを防ぐことができます。

 

角栓を取り除いて終わりではなく、角栓があったところが広がったままになっているのでしっかりと引き締めることが大切です。保湿ケアを十分に行って水分を貯蓄するセラミドを補うことが重要です。肌が明るくなって光の反射で目立たなくなるので黒ずみも気にならないことが特徴です。

 

ごわごわした肌が柔らかくなり、透明感が出てくるので化粧崩れがしにくくなることが魅力です。整った肌質になるためにもしっかりとファンデーションなどのメイクを落とすことが大切です。正しいクレンジング方法としてはぬるま湯で20秒ほどの間でクレンジングすることが重要です。

 

ぬるま湯を使用することで毛穴が柔らかくなり、油分や汚れが落ちやすい状態になるので短時間で綺麗にすることがおすすめです。冷水を使用すると皮脂が固まってしまい、必要以上にセラミドや皮脂が落ちてしまうので乾燥状態になります。

 

乾燥することによって皮脂の分泌が過剰になり、再び毛穴に詰まりやすい状態になります。アイメイクに関しては特に重点的に先に落とさないとくすみの原因になりますので注意が必要です。アイメイクはオイルを浸み込ませたコットンを乗せて1分間ほど置くことでアイメイクを落とすことができます。

 

アイメイクをしっかりと落とした後にクレンジングをすることでメイクや汚れを効果的に浮かび落とすことができます。その際もぬるま湯でしっかりと洗い流すことがおすすめです。普通肌やオイリー肌など肌質に応じてオイル等を選択することがおすすめです。

 

ポイントとしてはクレンジング前に手を入念に洗って清潔な状態にすることが大切です。汚い細菌が付着した手だと炎症の原因になったりするので注意が必要です。クレンジングは皮膚の厚い部分から行うこともポイントです。必要以上に摩擦をかけると肌へのダメージの原因にもなるので優しくくるくると広げることが大事です。

 

 

ファンデーションの選び方

 

ファンデーションの選び方

毛穴が目立ってしまうので、ファンデーションでなんとかしたい、という女性は多いです。ですが、実はファンデーションも毛穴にあわせて選ぶ必要があります。

 

まず、4つのタイプを知っておくようにします。たるみ、凸凹またはクレーター、皮脂、メラニンの4つの毛穴タイプがあるのですが、それぞれをきれいにするファンデーションがあるのです。

 

ファンデーションには、リキッド、クリーム、パウダーといった、数多くの種類があります。どのタイプが自分の肌をカバーしてくれるのに適しているのかを知ると、美肌に近づけることができます。基本的に毛穴をきれいにするときは、リキッドファンデーションが一番です。

 

かなり目立ってしまっている場合は、リキッドファンデーションより濃度があって、肌に密着しやすいクリームファンデーションを使うといいです。ただ、このクリームファンデーションの伸びはよくないです。なので、厚ぼったく見えてしまいがちなので、しっかりと伸ばして、叩き込むことを忘れないようにします。

 

もしパウダリーファンデーションを使いたいというときは、化粧下地を自分にあったものを使用するようにします。下地でしっかりフラットな肌になるようにベースを作ることが出来ていれば、パウダリーファンデーションでも問題はないです。もしも乾燥が原因だという人には保湿効果があるファンデーションがおすすめです。

 

また、凸凹肌の場合は、影ができてしまうとかえって目立ってしまうので、影を作らないために、肌の色にあったもの、もしくは少し明るめの色を選ぶのがベストです。これとは逆に、黒ずみ毛穴が気になっているという人が明るめのファンデーションを選んでしまうと、黒ずみがかえって目立ってしまうことがあります。

 

なので、この場合は、肌より少し暗めのファンデーションで目立たないようにしておくことが大切です。それから、仕上げに使われることが多いフェイスパウダーは肌の影をカバーする役割があるので、特にたるみが原因だという人は、パール入りのものを選ぶようにすると光の拡散作用で影を目立たないようにすることができますし、仕上げのパウダーでもさらにカバーすることが可能です。

 

ただし、パールが強すぎると逆に目立ってしまったり、白浮きすることがあるので、パールがあまり強くなくて、ほんのりとパールが入っている、という感じのものを選ぶようにするといいです。自分の肌をきれいに見せてくれる効果があるものを選ぶことはとても大切です。なので、きちんと選ぶようにします。